[知]労働条件の明示 | 多田経営労務事務所(多田事務所)

[知]労働条件の明示

労働契約は、使用者と労働者の”合意”のみで成立しますが、口頭のみで契約が成立しても良いとなると後日のトラブルの元になりかねませんので、労働基準法では一定の事項については契約時に説明すること、そして重要な事項については、書面で交付することを定めています。

会社は、社員の採用に際し、採用時の賃金、労働時間、その他の労働条件が明らかとなる書面を交付する(労基法6)

文書による明示事項 口頭でも可能な明示事項
労働契約の期間に関する事項  
就業場所、従事すべき業務  
始業・終業時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇、就業時転換に関する事項  
賃金の決定、計算および支払の時期に関する事項 昇給に関する事項
退職に関する事項(解雇の事由を含む) 退職手当の適用労働者の範囲、決定・計算および支払の方法、支払い時期に関する事項
  臨時に支払われる賃金・賞与、それらに準ずる賃金、最低賃金に関する事項
労働者に負担させるべき食費、作業用品その他に関する事項  
安全および衛生に関する事項  
職業訓練に関する事項  
災害補償および業務外の傷病扶助に関する事項  
表彰および制裁に関する事項  
休職に関する事項