[知]労働契約 | 多田経営労務事務所(多田事務所)

[知]労働契約

雇用契約(民法)と労働契約(労契法)

雇用契約:雇用は、当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって、その効力を生ずる(民法623条)

労働契約:労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことを内容とする労働者と使用者の間の契約である(労働契約法6条)

一般法と特別法

雇用契約(請負契約、委任契約も同じ)は労働者・使用者を「当事者」と一括りしています。一方、労働契約法では「労働者と使用者」と分けています。民法は両者対等な商行為を想定しているのに対し労働契約法は労働者保護が目的のためです。

労働契約と雇用契約が競合したときは特別法である労働法が民法に優先する。このため労働法違反の雇用契約、請負契約、委任契約を締結したとしても、使用従属関係があれば労働者として強力な労働者保護があります。