[知]時間外労働 | 多田経営労務事務所(多田事務所)

[知]時間外労働

所定労働時間

  • 原則として、週40時間、1日8時間を超えて労働させてはいけないと労働基準法で定められている。この時間を法定労働時間という。法定労働時間を超えて労働させるのは労基法違反。
  • 例外・・・「時間外協定」「変形労働時間制」の届出で法定労働時間を超えて労働させることができる。

所定労働時間

  • 会社で定める労働時間のこと。
  • 原則として、所定労働時間は法定労働時間の枠内に収める必要がある。
  • 例外・・・「変形労働時間制」で特定の日に8時間を超える、特定の週に40時間を超える所定労働時間を設定することができる。
  • 所定労働時間は就業規則に記載する必要がある。

時間外労働

  • 法定労働時間を超える部分が時間外労働に該当する。
  • 8時間未満の所定労働時間を設定している場合であって、実労働時間が所定労働時間を超え、法定労働時間以下の労働時間の場合は「法内超勤」に該当し時間外労働ではない。
  • 法内超勤に割増賃金を支払わない運用をするには、就業規則、労働契約等において、”法内超勤に割増賃金は支払わない”や”8時間までは通常の賃金を支払う”などの趣旨の定めがなされることが必要で、これをしていないと臨検で是正対象になる。

休日との競合

  • 休日に所定労働時間(通常8時間)を超えて労働させた部分について、時間外割増0.25倍に休日割増0.35倍が加算された0.6倍を支払う必要はなく、休日割増の0.35倍で良い。