雇用関係助成金 | 多田経営労務事務所(多田事務所)

雇用関係助成金

助成金の申請代行

キャリアアップ助成金、キャリア形成促進助成金、職場意識改善助成金、育児介護関係助成金、職場定着助成金、両立支援助成金などの雇用関係助成金の申請代行を行っています。

申請代行をお受けできないケース

 次のいずれかに該当する企業の事業主は助成金の申請資格がありませんので、申請代理などの受託はできません。 

□過去3年間において雇用保険二事業の助成金等について不正受給を行ったことがある。                             

□支給申請日の属する年度の前年度より前のいずれかの保険年度における労働保険料の滞納がある。                             

□過去1年間に、労働関係法令違反により送検処分を受けている

□風俗営業等関係事業主である。     

□事業主若しくは事業主団体(以下「事業主等」という。)又は事業主等の役員等が暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「暴力団対策法」という。)又は暴力団員(暴力団対策法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)である

□役員等が、自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしている。  

□役員等が、暴力団又は暴力団員に対して、資金等を供給し、又は便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、若しくは関与している              

□役員等が、暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれを不当に利用するなどしている                             

□役員等が、暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している。

□倒産している                          

□雇用保険二事業の助成金等について不正受給を理由に支給決定を取り消された場合、労働局が事業主名等を公表することに同意できない