法定三帳簿 | 多田経営労務事務所(多田事務所)

法定三帳簿

【法定三帳簿】

労基の臨検等で必要となる「法定三帳簿」とは、労働者名簿、賃金台帳、出勤簿です。

労働者名簿と賃金台帳の記載事項は下表の事項です

労働者名簿の記載事項 賃金台帳の記載事項
1.氏名 1.氏名
2.性別 2.性別
3.生年月日 3.賃金(諸手当、賞与を含む)毎の計算期間
4.現住所 4.労働日数
5.履歴(過去の経歴) 5.労働時間数
6.雇入れ年月日 6.時間外労働/休日労働/深夜労働の時間数
7.退職(死亡を含む)年月日とその事由 7.賃金の種類(基本給、諸手当)毎の金額
更に30人以上の事業所の場合は 8.控除の内容とその額  
8.従事する業務の種類  

出勤簿には労働者名簿や賃金台帳のように法的根拠がないです。

しかし、「労働者の労働日ごとの始業・ 終業時刻を確認し、これを記録すること」「始業終業時刻はタイムカード・ICカード等の客観的な記録を基礎として確認し記録する以外の方法(例えば使用者が確認して記録すること)を取る場合は該当労働者からも始業・終業時刻を確認できることが望ましいこと」

という通達に沿って臨検が行われており未整備発覚は是正勧告書が出されることになります。

 それだけでなく、始業・終業時刻と休憩時間が未記録ということは、未払い残業訴訟において、時間外労働時間を退職労働者と民事上争う事態となった際、出勤簿が未整備で実労働時間を証明できない場合、労働者提出証拠(出退勤時間のメモ・Eメール発信履歴)が採用されてしまう危険性があります。このため、出勤簿も整備すべきです。

※労働基準局長通達「労働時間の適正な把握のために 使用者が講ずべき措置に関する基準」基発339号平成13年4月6日

出勤簿の記載事項の例
1.氏名
2.出勤日
3.出勤・退勤の時刻、休憩時間