産科補償制度の改正について

お知らせ

分娩機関で出生した子のうち脳性まひ等、一定の基準を満たす子は補償制度の対象になる制度があります。令和4年1月に対象基準が一部改正されます。改正点は妊娠32週以降の子が原則だったのが、妊娠28週以降の子が原則となったことです。出生日が令和3年12月31日までの子は従来通りで、令和4年1月1日以降の子は改正の対象となります。

産科医療補償制度 http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/outline/compensation.html

コメント